【チクチクとした痛み】バストアップマッサージをしていると心臓に痛みが出る場合

3ac8f0d2ff76b0444cddb70deac8b46b_m

胸を大きくするには、血行とリンパの流れが大事。

だからバストアップ効果のあるマッサージに取り組み始めてみたけど、なんだか心臓のあたりがチクチクとした痛みを覚えて困っていませんか?

  • 呼吸が息苦しくなる
  • 常にではないが短期的にチクチクと痛む
  • 心臓というよりも胸の中心が痛む
  • 何となく気分が悪くなる
  • めまいがする

バストアップに張り切ろうとした矢先に胸が痛くなるなんて、別の不安が出てきますよね。

バストアップマッサージで胸が痛むのは神経痛

バストアップマッサージをおこなって胸が痛む場合、多くは神経痛の可能性が高いです。

胸周りがの神経が痛むことを、肋間神経痛といいます。

マッサージをおこなうと筋肉が動くことで、神経を刺激・圧迫するため痛みが起こるのです。

多くは一時的に神経過敏になっている状態です。

長く痛みが続くことはなく、時間にして数秒から1~2分ほどで治まります。

よく聞くヘルニアなんかも神経を刺激・圧迫するから痛いといいますよね。

それと同じです。

心臓が痛い場合

心臓あたりがチクチク痛むのは、心臓自体に問題があるわけではなく、自律神経の調子が悪いときに起こりやすい「心臓神経症」を疑いましょう。

自律神経は無意識下でさまざまなことをおこなう神経ですが、

  • ストレス
  • 疲れ

により、肉体的な疲れと精神的な疲れが溜まってくると乱れやすくなります。

自律神経は本来、交感神経と副交感神経の2つが相互に切り替わりながら心身を健康に保っているのですが、ストレスや疲れのせいで交感神経ばかりに負担がかかっていると、副交感神経に切り替えできない時間が長くなります。

心臓あたりがチクチク痛む場合、交感神経に偏った生活をしていると考えられます。

もし、マッサージも何もしていないのに、いきなりチクチク心臓あたりが痛む場合は、心臓神経症の可能性が高いです。

短時間から1日じゅう痛い場合も

心臓神経症の多くは短時間で収まる痛みですが、一日じゅう痛い場合もあります。

不安に感じるかもしれませんが、その不安がさらなる痛みを呼ぶのが心臓神経症。

狭心症などの心臓病とは違って、体をしっかりと休めれば収まっていくものなので、無理せず安静に過ごしましょう。

バストアップは一時的にお休みです。

痛みが出たらバストアップ以外の方法をおこなう

マッサージで痛みが出た以上、体に黄信号が出ていると考えましょう。

ひとまず、バストアップは中断して痛みを和らげ、出にくくすることが大切です。

1.マッサージ以外の血行を良くする方法をおこなう

マッサージをおこなうと筋肉と血管とリンパ管を刺激するため、巡りが良くなります。

しかし、神経痛が出ているときは痛みが出やすいので、それ以外の血行を良くする方法で巡りを良くしましょう。

血行が良くなると発痛物質の除去能力が高まります。

いろいろと思い浮かぶと思いますが、

  • 湯船にゆったりと浸かる
  • 温かいスープを飲む
  • 冬野菜を食べる

短時間に熱々のお風呂につかるのではなく、じわっと体の芯まで温まるような温度のお風呂に浸かるのがコツです。

温かいスープや冬野菜も、体を温めるのに適した食事内容になるので、血行が良くなります。

野菜でいうと夏野菜は体を冷やすのに適した食材ですが、神経痛を和らげた場合はあまり食べないほうが良いでしょう。

2.冷えから身を守る環境に身を置く

神経は冷たいと感度が激増します。

分かりやすいのが歯の痛み。

歯の痛みを感じる神経は凍るような冷たい飲み物を飲むと、鋭い痛みや鈍い痛みを覚えることが誰でも経験されているのではないでしょうか。

同じように神経痛の痛みも冷えた環境で過ごすと、強さを増していくので要注意。

  • 暖かい服装をする
  • 冷房を効かせすぎない

という方法で対処しましょう。

3.知らないストレスより知るストレス

余裕があったらお医者さんに診察してもらうのも手です。

というよりも、大体の人は心臓の痛みに対して不安を覚えるものですから、不安というストレスを取り除く意味でも診察してもらい安心感を得たほうが良いでしょう。

どんなことも知らないと不安感からストレスは大きいですし、知っていればストレスは小さくなります。

症状の程度によって、もう少し具体的に踏み込んだ対応策を教えてもらえるメリットもあります。

バストアップは少しだけお休み

まとめます。

バストアップマッサージをおこなっていて、胸や心臓あたりに痛みを感じる場合、

  • 肋間神経痛
  • 心臓神経症

あたりが疑われます。

これらの症状自体は重い病気というものでもないので、神経を圧迫するバストアップマッサージは中断し、疲れやストレスを溜めないで安静するように努めましょう。

痛みを和らげるための方法は

  • マッサージ以外の血行を良くする方法をおこなう
  • 冷えから身を守る環境に身を置く
  • お医者さんに診てもらう

神経過敏になっている状態は、胸の成長にももちろんマイナスです。

なので、バストアップをお休みしてでも改善に取り組んだほうが、遠回りのようで近道です。

ご参考になれば幸いです。

P.S.

ブラのカップサイズの割に胸が大きくない人は、「育乳・補正ブラ」でキレイなバストに育てるといいですよ。

なかでも育乳だけでなく、デザインも重視できる美容外科と共同開発した「ふんわり寄せ集める」バストケア用ブラがおすすめ(とにかくカワイイ)。

デザインよりも安さ重視なら、激安なのに使い勝手のいいコスパがバツグン育乳・補正ブラもあります。

どちらも安くて使い勝手がいいので、1枚持っていると何かと便利です(普段使いは当然として、帰宅後や休日にワイヤーなしのブラでリラックス&育乳したい、ナイトブラに使いたいなど)。

スポンサーリンク


合わせて読みたい記事

よく読まれている人気の記事をまとめました。

【小さく見える】D65は大きいの?小さいの?真実とDカップらしさを出す5つの方法
アンダーバストのサイズが65cm前後のD65だと、Dカップもあるように見えないことがあります。 DカップどころかBカッ...
【保存版】ブラが”ずり上がる”5つの原因と種類別の解決方法
ブラがずり上がって困っていませんか? 着け始めはいいけど少しずつブラがずり上がってしまう 背伸びやバンザイポーズ...
【真実】バストアップサプリは本当に効くのか?効かないのか
バストアップサプリに関して、いろいろな疑問を抱いていませんか? 胸を大きくしたいけど、良く効くバストアップサプリはどれ...

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加